山とカヌーの休日Ⅱ

登山、カヌー、サイクリング、ウオーキング、スキー、写真などアウトドアを中心としたブログです。

2019年06月

わいわい例会2019.06

KIMG3687

6月23日
わいわい写真クラブ6月の例会に出席しました、今回は久しぶりに上位5席に入りました。

KIMG3689

KIMG3690

KIMG3691

今回は撮影が難しそうな、蛍の飛び交う夜景写真が数枚出されていました。

KIMG3692

上野①高速燈台(旧堺港)

堺テーマで5席になった「高速燈台」です。湾岸線の街路灯が旧燈台を照らしている風景です。記事は「旧堺港の夕景・夜景」です。

上野②地底の太陽(太陽の塔内部)

「地底の太陽」 万博公園「太陽の塔」の地下にある、地底の太陽の画像です。色合いが良いと思って出しましたが意外と選外になりました。記事は「万博公園探訪(2)太陽の塔」です。

上野③梅雨滴る(矢田寺)

「梅雨滴る」 矢田寺に咲く紫陽花の葉に水滴が残り、クモの巣にきれいな水玉となっているところを接写したものです。記事は「紫陽花の矢田寺2019(2)あじさい大庭園」です。

上野④梅雨晴れ(矢田寺)

「梅雨晴れ」 同じく矢田寺で撮影した紫陽花の接写です、背景がきれいにぼけていました。

上野⑤離陸(蜻蛉池公園)

「離陸」 蜻蛉池公園のあじさい園で、春紅葉の種が細い枝から飛び立とうとしているところです。記事は「蜻蛉池公園・紫陽花咲き始め」です。

上野⑥戸隠の森(戸隠古道)

「戸隠の森」 戸隠古道ウオークで出会った巨大な樹木の風景です、記事は「戸隠古道大ウオーク(3)2日目 一の鳥居~戸隠奥社」です。



梅雨入りの高山植物園


ALP05288

6月26日
曇り空の六甲高山植物園を訪れました、4年前にも同じ時期に来ました。

ALP05289

WG3_3324

WG3_3325

KIMG3700

広い園内に移植された多くの高山植物が咲いています。

ALP05241

ALP05134

ALP05135

ALP05149

コマクサです、長い花の形か馬の顔に似ているので(駒)とされています。

ALP05209

WG3_3345

ササユリです、花びらが欠けているものもありました。

ALP05186

WG3_3342

ニッコウキスゲです、7月の尾瀬では、広い湿原にニッコウキスゲが満開になります。

ist 095 (2)

8年前の7月に訪れた尾瀬湿原のニッコウキスゲ群落です。

ALP05183

WG3_3336

WG3_3339

エーデルワイスです、和名はウスユキソウです。咲いているところによって色々な種類があります。

ALP05214

ALP05215

ハヤチネウスユキソウです、岩手県の早池峰山に咲いているそうです。

ALP05218

ALP05220

尾瀬の至仏山に咲くホソバヒナウスユキソウです。

optio 070

ist 011 (2)

8年前の7月に至仏山で撮影したものです。

ALP05225

ALP05228

シコタンハコベです。

ALP05200

イブキトラノオです。

ALP05159

イブキジャコウソウです、2つは伊吹山に咲く花です。

ALP05142

タカネナデシコです。

ALP05238

ALP05240

カキツバタです。

ALP05271

ALP05284

こちらでも、紫陽花はたくさん咲いていました。

ALP05281

ALP05280

ALP05275

ALP05258

ALP05255

「虹」という品種です。

ALP05152

ALP05157

ALP05246


ALP05165

ALP05166

淡い紫のマツムシソウです。

ALP05263

ALP05265

春の花が終わったシロヤシオです。

ALP05266

ALP05249

一か所だけツツジが残っていました。

ALP05211

ALP05243

ALP05242

食虫植物のウツボカズラも販売されていました。

ALP05248


WG3_3350

WG3_3352_Moment

ケーブルから見える斜面には、たくさんの紫陽花が咲いていました。
美しい花が梅雨を迎える高山植物園でした。




万博公園探訪(3)あじさいの森と観覧車

DSC00795

6月20日
太陽の塔の見学を終わり、あじさいの森に行くことにしました。

DSC00804

向こうにはEXPOCITYの観覧車が見えます。

DSC00807

お祭り広場・大屋根の一部が残されています。

DSC00815


DSC00830

DSC00832

きれいな庭園でした。

DSC00833

DSC00834

カモが散歩していました。

DSC00835

DSC02760

あじさいの森です。

DSC02725


DSC02719

DSC02702

DSC02738

こちらの紫陽花も美しいものでした。

DSC02720

DSC02731


DSC02757

DSC02754

ALP05066

ALP05068

暑い日でしたが小川には涼感がありました。

ALP05069


ALP05075

ALP05079

ALP05113

ALP05103

ALP05112

ALP05117

水が白く弾ける噴水です。

DSC00849

DSC00861

wg4_2553

EXPOCITYです、以前2016年に来た時にはNIFRELに入りましたが、今回は通過しました。下の写真は3年前の観覧車が建設工事中のものです。

DSC00864

巨大なガンダムの像があります。

DSC00869


DSC00870

観覧車(OSAKA WHEEL)の入り口通路です。

DSC00872

DSC00875

観覧車直下です。

DSC00877

DSC00879

ゴンドラの床はガラス張りになっていて、下を見下ろすことが出来ます。

DSC00885

公園の上空から見下ろせます。

DSC00886

最高部の123mに到達しました。

DSC00888

パナソニックスタジアムです。

DSC00891

白い屋根に影が映ります。

DSC00893

DSC00895

18分ほどの空中散歩が終わりました。

DSC00898

大阪らしい看板です。

DSC00899

DSC00900

店員さんの姿をしています。

DSC00901

回転寿司屋さんの楽しい看板です。

DSC00908

帰りの電車(モノレール)です。

DSC00912

初めての太陽の塔や、広い万博庭園、EXPO博物館、新しい観覧車を楽しめた1日でした。

MAP

万博公園探訪(2)太陽の塔

DSC00723

6月20日
EXPO'70パビリオンを出た後、太陽の塔へ向かいました。

DSC00728


KIMG3675

芝生のベンチでお昼にしました。

DSC00726

砂場の中にタコがいます。

DSC00729

DSC00736

塔の裏側にスロープがあり、中への入り口があります。

DSC00801


DSC00751

ALP05038

DSC00752

通路の窓から見える太陽の顔です。

DSC00774


DSC00756

DSC00755

「地底の太陽ゾーン」です、中心には万博閉幕後に行方不明になった「地底の太陽」が復元されています。仮面と神像も展示されています。

DSC00758

DSC00760

DSC00761

DSC00762

DSC00765

DSC00768

DSC00771

照明の演出により、綺麗に色合いが変化していきます。

太陽の塔3

DSC00778

DSC00781

DSC00777

ALP05037

「生命の樹」です、高さ41mの巨大な造形物で生物の進化を表現されています。螺旋階段で上がりますが、写真撮影は禁止になっていますので、1階フロアからの撮影だけになりました。

太陽の塔2

太陽の塔1


DSC00794

DSC00787

DSC00783

ALP05058

ALP05055

ALP05052

「太陽の塔」高さ70m、腕の長さ25mです。中央の「太陽の顔」は現在、頂部の「黄金の顔」は未来を、背面の「黒い太陽」は過去を表しています。

ALP05043

ALP05041

ALP05040

太陽の塔4

この後はあじさいの森を歩きました。






万博公園探訪(1)EXPO'70パビリオン

DSC02665

6月20日
万博公園の太陽の塔内部が、去年の春から公開されるようになり、混雑も少なくなったようなので久しぶりに訪れました。

DSC02668


DSC02671

ゲートを入ると太陽の塔が迎えてくれます。

DSC02674

最初にEXPO'70パビリオンに入りました。

DSC00724

DSC00659

前回の万博のテーマです。

DSC00656

太陽の塔の目が光っています。

DSC00660

桜の花をモチーフとし、5つの大陸を表す花びらがデザインされたシンボルマークです。中央の円は日本だそうです。

DSC00665

入場券です。

DSC00670

会場地図です。

DSC00664

建物建築の資料も多く展示されていました。

DSC00671

各国の建物ポスターです。

DSC00673

お祭り広場のジオラマです。

DSC00674


DSC00678

太陽の顔が見下ろしていました。

DSC00676

DSC00685

手をデザインしたベンチです。

DSC00681

女性コンパニオンのユニフォームです。

DSC00682

DSC00683

お祭り広場で勤務していたロボットです。

DSC00684

DSC00686

DSC00687

DSC00688

49年前のカメラ、時計やアシスト自転車です。

DSC00694

DSC00695

DSC00699

DSC00701

世界のタレントたちも来日公演をしていたようです、今であれば行ったみたい人たちでした。

DSC00700

太陽の塔のフィギュアです。

DSC02678

DSC02680

DSC02686

パビリオンの可愛いジオラマもありました。

DSC00710

DSC00719

DSC00707

DSC00708

楽器彫刻と呼ばれるアート作品です、実際に演奏も出来るようです。

DSC00721

フーコーの振り子です、1815年にフランスのレオン・フーコーという物理学者が67mのワイヤーの先に28kgの重りをつけ大ドームに吊るして、地球の自転を証明する実験を行いました。

DSC00722

こちらでは重りの展示だけです。

DSC00718

この後は太陽の塔に行きます。






ギャラリー
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
  • マキノ浜から二本松キャンプ場
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ