DSC01185

9月7日
大阪市立科学館を訪れました、最新のプラネタリウムの見学をしようと思いました。

DSC01187

外人のお客さんも多いところでした。

DSC01239

DSC01243

入り口を入ると大きなグライダーや「学天則」のレプリカが置かれています。学天則は日本人が作った、東洋初のロボットだそうです。

DSC01189

順路は4階から始まり、天文学や宇宙開発の歴史などの展示品があり、多くのことを学べるようになっています。

DSC01190

太陽系の惑星や衛星です。

DSC01192

最近ニュースで流れたブラックホールの写真もありました。

DSC01194

DSC01198

北斗七星は地上から見ると平面のように見えますが、実際の地球からの距離は、それぞれ異なっています。

DSC01199

日本で開発された観測用ロケットです。

DSC01200

DSC01201

伊能忠敬が測量に使った計測器です。

DSC01203

現代の雨量計です。

DSC01205

DSC01206

昔の人々の地球と宇宙観です。

DSC01212

エジソンが発明した、錫箔を貼った円筒に音を記録した蓄音機です。

DSC01213

最初のレコードは円筒形でした。

DSC01211

スピーカー木製です、私はアルミ板が使われていたと思っていました。

DSC01214

1967年頃、業務用で使用されたオープンリールデッキです、日本コロムビア製と書かれていました。
DSC01218

電卓がない時代に使われた、手回し式計算機です。

DSC01217

1930年代のラジオです。

DSC01231

1952年に作られた真空管テレビの制作キットです。その当時の値段で5万~6万、完成品は10万円したそうです。

DSC01230

昔は手回し式のチャンネルがついていました。

DSC01215

テレビは進化し昭和42年、真空管式カラーテレビが発売されました。価格は16万7千円となっています。

DSC01232

VHSレコーダーは1976年に家庭用のデッキが発売されました。

DSC01233

任天堂のファミコンは1983年に発売され、私もよくお世話になりました。

DSC01241

偏光板を通してみると、窓にステンドグラスが浮き上がりました。

DSC01242

プラネタリウムは地下にありました、残念ながら撮影禁止でした。このあとは中之島を歩きました。