WG3_4120

2月1日
遊歩道の周りには岩壁や雑木林があり、小枝や苔に小さな氷が付いています。接写すると美しい造形物が現れます。

WG3_4127

雪が融けた水滴が小枝の先から落ちようとしています。

WG3_4160

雫が凍り付いています。

WG3_4158

氷に中に木片のようなものが入っていました。

WG3_4191

WG3_4201

金平糖みたいです。

WG3_4165

少し気泡が入っています。

WG3_4190

WG3_4167

WG3_4181

WG3_4208

緑の葉に乗っかっています。

WG3_4183

水滴のようですが、固く固まった氷です。

WG3_4140

滴る水滴が泡を閉じ込めて凍りました。

WG3_4145

それぞれ違った模様を作っています。

WG3_4186

WG3_4147

半円形に穴が開いていました。

WG3_4123-CP

WG3_4171

岩陰の地面には霜柱がたくさん出来ていました。

WG3_4172

WG3_4173

WG3_4193

WG3_4199

WG3_4215-CP

高さ数センチですが、地中の水分が毛細管現象によって地表にしみ出し、柱状に凍結したものです。

MAH02597_Moment

静かなみたらい渓谷の冬景色を楽しめた一日でした。