WG3_9079
4月11日
天川村の八経ヶ岳ツアーに友人と参加しました、今回は待望の八経ヶ岳登頂が出来ました。
WG3_9080
9:20 7名のメンバーで行者還トンネル西口をスタートしました。
WG3_9081

WG3_9082
奥駈道への登りが始まります。
WG3_9084
途中では不明瞭な山道もあり、歩くのに苦労しました。
WG3_9085
10:40 急坂を登りながら大峯奥駈道に合流しました。
WG3_9086
案内図では直線ですが、歩くのは大変な道でした。
KIMG6180

WG3_9088
弥山への登山道を歩きます。
WG3_9091
11:05 石休ノ宿跡に着きます。
WG3_9094
展望出来る岩場があります。
WG3_9095
11:17 弁天の森です。
WG3_9096 (2)
11:43 聖宝ノ宿跡です。
WG3_9099

WG3_9098
開花はまだですが、たくさんのバイケイソウが生えていました。
WG3_9102
金属板で作られた道標です。「7.5中間」と表示されています、意味は分かりませんでした。
WG3_9103
残り雪が現れました。
WG3_9104

WG3_9105
12:48 3時間半ほどかかり弥山小屋に着きました。
WG3_9106

WG3_9107
30分ほど歩き、八経ヶ岳山頂に着きました。20年前の12月にモンベルツアーで来て以来の登頂でした。
KIMG6185
弥山に戻ってのランチです。
WG3_9108
こちらでも日陰には雪が残っていました。
WG3_9109
マツカサの接写です。
WG3_9110

WG3_9112 (2)
はがれそうな木の樹皮です。
WG3_9111

WG3_9113
苔のようなものも生えていました。
WG3_9114 (2)
14:20 下山スタートです。
WG3_9115
アマビエのような枯れ木でした。
WG3_9116
15:57 奥駈道との分岐です、同じ道を下山します。
WG3_9117 (2)

WG3_9119
最後の木橋に着きます。
WG3_9120

WG3_9122

WG3_9124 (2)
17:04 下山終了です、2時間40分ぐらいかかりました。

以前の弥山ハイクの記事です。

  2020年10月 弥山ハイク(1)山頂まで

  2019年5月  八経ヶ岳ツアー(大川口~鉄山~八経ヶ岳)


「アウトドア31文字」
   春風が 冷たく流る 頂で
       想い巡らす 時の流れよ