KIMG0163
7月30日
信濃大町の旅館です、素泊まりで5500円ほどで泊まれました。
KIMG0164
6時半頃、扇沢のバスターミナルに着きました。
WG3_0226
7時の集合時間に間に合いました、参加者5名とガイドさんの6名のメンバーになりました。
WG3_0228
7:20 登山口をスタートしました、百瀬慎太郎は昭和5年に針ノ木小屋を開設した人です。
WG3_0229

WG3_0230
何度か車道を横切ります。
WG3_0231

KIMG0167
7:57 ここから先は山道になり、本格的な登山になります。
WG3_0233

WG3_0237

WG3_0240
8:59 大沢小屋に着きます。
WG3_0241
登山道に咲くシモツケソウです。
WG3_0243
10:08 ようやく針ノ木大雪渓へのチャレンジが始まります、アイゼンを履いての登りです。
WG3_0245
雲の切れ間には青空も見えます。
WG3_0246

WG3_0248
下からは冷気が噴き上げ、気温は下がって行きます。
WG3_0250

WG3_0251
急傾斜のところもあります。
WG3_0254

WG3_0262
周囲の谷筋は雪渓ばかりです。
WG3_0266
12:50 山小屋の建つ稜線が見えます。
WG3_0267
雪渓の最上部です。
WG3_0272

WG3_0274
13:20 針ノ木小屋がある針ノ木峠に着きました、登山口から約6時間になりました。
WG3_0273

WG3_0275
一日目の行程はここまでです。
KIMG0171
お疲れ様です、ビールが美味しかったです。
WG3_0341

「アウトドア31文字」
  針ノ木の 白い谷には 冬残り
   自然の冷気 夏を追いやる