山とカヌーの休日Ⅱ

登山、カヌー、サイクリング、ウオーキング、スキー、写真などアウトドアを中心としたブログです。

湯浅

湯浅のイベント

KIMG1055
4月17日
多くの艇が並ぶ湯浅湾です、この日のイベントのために短い出艇をしました。
278691695_1642742832775196_352726678072951565_n
前日からこちらで関野吉晴さんの映画などのイベントがあり、私は映画会だけ参加しました。海の状況判断で予定は変更されました。
KIMG1063
この日も風は強めだったので近くの浜に上がりました。シーカヤックツアーはこの日に行われ、48名のお客さんが、30艇以上で参加されていたようです。
KIMG1064
苅藻島へ向かっていました。
KIMG1062
KIMG1060
私は岩の上で寝ていました。
KIMG1068
午後から上映なので早めに上がりました。
KIMG1069
インドネシアから石垣島までの約4700kmを、無動力の船で航海するという冒険の映画でした。中断が2回あり3年かかったということでした。
KIMG1070
映画が終わるとツアーから戻られていて、艇が並べられていました。
WG3_2069
ガイドさんとの対談まで時間があるので、近くを散策してみました。
WG3_2049

WG3_2029
八重桜のような木があり桜が残っていました。
WG3_2032

WG3_2036

WG3_2040

WG3_2047

WG3_2057
明恵上人開祖の施無畏寺です。
WG3_2053

WG3_2055

WG3_2062

WG3_2054
湯浅湾の島々です、ツアー又は単独でよく行きました。
WG3_2066

WG3_2068
ツツジが咲き始めていました。
WG3_2063

KIMG1071
4時頃から対談が始まり、遅くまでお話は続きました。

宮崎ノ鼻燈台

WG3_0448
9月6日
いつもはカヤックを漕ぐ湯浅湾ですが、燈台までのハイクをしようと思い山道を歩きました。
有田市の女ノ浦海水浴場の駐車場に車を停めます。
WG3_0449
北側のきれいな浜です。
WG3_0450
防波堤の外れに案内板があります、民家の裏山へと続き山道になります。
WG3_0451

WG3_0452
日陰は多いコースです。
WG3_0453

WG3_0455
WG3_0458
10分ほどで燈台と狼煙場への分岐に着きます。北側の船越の浜です。
WG3_0457
こちらは南側の荒越の浜です。
WG3_0456
燈台へは山を越えて行きます。
WG3_0459
途中で赤いテープに惑わされ、道を間違えたので1時間ほどかかって燈台に着きました。
WG3_0460

DSC01868

WG3_0462
昭和41年2月の初点です。
DSC01867
これは宮崎ノ鼻ではありません、北東の方角になり見えないところにあります。
WG3_0464

WG3_0465
船越の分岐に戻り、狼煙場跡へ行きます。
WG3_0466

WG3_0467
10分ほどで狼煙場跡に着きます。
WG3_0468

WG3_0469
狼煙台はなくなり樹木が生い茂っています。
WG3_0470

WG3_0472
こちらは少し先の展望所です。
DSC01873

DSC01871
きれいな湯浅湾を眺めることが出来ます。
ALP00665

DSC01872
白い円の巨岩は5年前にシーカヤックで来た時に通過しました。
wg3_6571

WG3_0473

WG3_0474
船越の浜に戻りました。
WG3_0475

WG3_0476
距離は短いコースですが迷いやすい山道でした。
地図
宮崎ノ鼻の位置はgoogleでは正しく表示されていないようです。

パドリング講習

KIMG0206
8月25日
友人と湯浅のアイランドストリームで、パドリング講習を受けました。シーカヤックについての勉強と、海上での基本的な漕ぎ方、レスキューの練習です。
WG3_0400
テキストを使って1時間半ほどの講義のあと、出艇しました。
WG3_0401

WG3_0403
ツアーではないので、防波堤内での漕ぎ方の練習です。
WG3_0404
上陸の仕方も説明されます。
WG3_0406
午後は艇を傾ける練習もありました、限界を超えて沈されていました。
WG3_0407
足の立つところでも落ちるのは辛いです。
WG3_0409
艇を戻して引き上げられます。
WG3_0412
無事に乗り込みました。
WG3_0414

WG3_0417
近くの浜に上陸です。
WG3_0419

WG3_0420

WG3_0422
花は少しだけ咲いていました。
WG3_0424

WG3_0427
この浜を出たところで、海に落ちたところからの再乗艇の練習が行われました。なかなか思うようには動けずに苦労しました。
WG3_0428

WG3_0431
3時半頃一通りのレスキュー練習を終え、レッスンの終わりです。
WG3_0432
カートの使い方の説明もあり、充実した一日でした。

梅雨晴れの矢櫃海岸2021.06

WG3_9709
6月1日
梅雨晴れの湯浅湾です、しらす漁船が多く出漁する時期でした。
WG4_8257_Moment
遠くを漁船が横切って行きます。
WG3_9710
今回は矢櫃漁港まで漕ぐことにしました。
WG3_9711
2時間ほどで矢櫃漁港に接近しました、右の建物は廃墟になった有田観光ホテルです。
WG3_9712

WG4_8265_Moment

WG3_9713
10:55 漁港に上陸しました。
WG3_9715
暑い岸壁でランチです。
WG3_9718

WG3_9720
恵比寿神社です。
WG3_9721

WG3_9722
漁港から見る湯浅湾です。
WG3_9726

WG3_9724

WG3_9728
わずかですが花も咲いていました。
WG3_9729

WG3_9716

WG3_9714

WG3_9730

WG3_9734
12:00 帰途に就きます。
WG4_8267_Moment

WG3_9735

WG3_9736
ゴンドラ風呂のロープウエイ支柱が残されています。
WG4_8270_Moment
カモメが飛び去りました。
WG4_8272_Moment
栖原海岸です。
WG3_9740
1時半頃上陸しました、かなりのペースで矢櫃コースを楽しめました。
field_img
大まかなコースです。

「アウトドア31文字」
  波間には 漁船の姿 見え隠れ
    カモメ飛び交う 梅雨晴れの海



春の白崎海岸

KIMG6088
3月22日
春の出艇をしようと思い湯浅湾に来ました。
KIMG6086

KIMG6087
浜に出ると風が強く、出艇も危うくなりそうなので白崎海岸に行くことにしました。
WG3_8770
ダイビングスクールがありましたが、2018年の台風により大きな被害を受けて、今は閉鎖されています。駐車場に停めることも出来ません。
WG3_8771
石灰岩の展望台へ階段がつけられています。
WG3_8774

WG3_8775

KIMG6092

KIMG6093

KIMG6091
展望台からは湯浅湾を一望することが出来ますが、強い風が吹いていました。
WG3_8776

WG3_8779
浜まで降りました、4年前の夏に栖原海岸から漕いできたところです。
wg3_9025

wg3_9028
4年前のダイビングスクール・レストランがあった建物です。
WG3_8781
きれいな海です。
KIMG6095
近くのベンチでお昼にしました。
WG3_8782
水仙に似た白い花がたくさん咲いていました。
WG3_8787

湯浅にはこの後、3月30日に訪れ今年初のツーリングをしました。
ギャラリー
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ