山とカヌーの休日Ⅱ

登山、カヌー、サイクリング、ウオーキング、スキー、写真などアウトドアを中心としたブログです。

北アルプス

夏旅2019(4)燕岳の日の出と下山

ALP05551

8月3日
午前4時40分の燕岳です、混雑で寝られない夜を過ごしましたが、すでに山頂へ登っておられる人たちがいました。

ALP05552

4:50 濃い灰色の雲の中に、ぼんやりと半円形が浮かび上がります。

ALP05568

切れ長の雲の隙間から、虹彩のように明るい光が漏れてきました。

ALP05584

5:00 さらに上昇を続け、半円形の輝きが増します。

ALP05597

真円の太陽は見られませんでしたが、美しい日の出でした。

KIMG3848

WG3_3523

朝食を済ませ、6時ごろ下山を始めました。

WG3_3524

WG3_3525

思うように青空が出なかった、残念な朝になりました。

WG3_3526

槍ヶ岳の山荘や頂上にも、たくさんの登山客が居られます。

WG3_3527

WG3_3528

雲の中から2本の光芒が地上へ降りています。

WG3_3529-cp

6:40 合戦小屋です、まだ数名の人しかおられません。

WG3_3531

朝早くから登る人も多く、狭い道ではすれ違いで待たされることが何度もありました。

WG3_3532

WG3_3535

8:40 2時間40分ほどで下山終了です。

WG3_3536

WG3_3537

この後は車を停めたホテルに戻り、夜行ドライブでマキノ浜に向かいました。

「アウトドア31文字」

   燕の 地獄の夜の 幕を引き

       淡く漂う 紅の雲

夏旅2019(3)燕岳の植物たち

DSC01009

8月2日
燕岳の斜面に咲く高山植物たちです、砂礫の斜面にはコマクサが咲きますが、保護のために登山道のロープが張られていて近づくことは出来ません。

ALP05461

ALP05487

ALP05535

ALP05507

離れたところから望遠レンズでの撮影です。

ALP05527

ALP05465

ALP05489

ALP05449

ALP05501

高山植物の女王と呼ばれています。


ALP05456

ALP05528

きれいな紫のチシマギキョウです。

ALP05544

ハイマツの中に花を咲かせる、キバナシャクナゲです。


ALP05548

オレンジの花びらが丸く反り返る、クルマユリです。

WG3_3472

WG3_3471

ハクサンフウロです。

WG3_3498

WG3_3494

ヤマハハコ

WG3_3497

ヨツバシオガマ

WG3_3507

WG3_3510

独特な形のトリカブトです。

WG3_3485

山荘の夕食です、宿泊客が多いので4回程度に分かれました。ビールは別売です。

WG3_3487

山荘のオーナーさんが演奏されるアルプホルンです。いつもは食後の時間にゆっくり演奏されるのですが、この日はほんの数小節だけで終わりました。

WG3_3519

日暮れ前の燕岳です、青空が見えなかったのが残念でした。





夏旅2019(2)燕岳山頂へ

DSC01025

8月2日
昼過ぎに山頂へのハイクを始めました、下から昇ってくる雲が稜線を流れて行きます。

DSC00993

ALP05484

ALP05496

木の階段道です。

DSC01008

延々と山頂へ続いています。

ALP05497

上から見た登山道です。

DSC00997

DSC01003

DSC00999

ここが燕岳山頂(2763m)です。

ALP05499

DSC01001

稜線は北燕岳へ続いています。

DSC01002

こちらの方向には槍ヶ岳が見えるはずですが、雲に隠れてしまいました。

wg4_0059

これは2014年8月に来た時の風景です。

DSC01007

下山も同じ道です、登られる人も多いので、すれ違いで待たされます。

DSC01013

DSC01011

眼鏡岩です。

DSC01014

DSC01022

ALP05543

稜線に建つ山荘です(望遠撮影)。

DSC01026

イルカ岩です。

DSC01027

DSC01028

ハイマツが斜面を覆い、キバナシャクナゲ、クルマユリ、コマクサなどが咲く美しい山頂へのハイキングコースです、花の写真は次にさせて頂きます。

DSC01030



夏旅2019(1)燕岳ハイク・山荘まで

KIMG3818

8月1日
夏の北アルプスを歩くため、朝から安曇野に向かいました。搭載しているカヤックは、最終日に琵琶湖で友人と合流するために積んできました。

KIMG3819

8時半ごろ出発し、岐阜の養老SAには昼過ぎの到着でした。

KIMG3822

3年前にも泊まった安曇野のホテルです、8時間ほどかかりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WG3_3424

8月2日
登山口駐車場は、夏の盛りになると登山客の車であふれ路上駐車も多く、バスを利用しています。JR穂高駅前からの乗車です。

WG3_3425

WG3_3426

WG3_3427

6:35 中房行きのバスが到着しました。

WG3_3428

7:45 1時間ほどで登山口に着き、燕岳へのハイクが始まります。

WG3_3429-CP

WG3_3430

8:20 第一ベンチです、たくさんの方が登られています。

WG3_3431

8:50 第二ベンチです、天気が良く明るい登山道です。

WG3_3432

ゴゼンタチバナです、山道で多く咲いていました。

WG3_3435

ギンリョウソウです、ここ1か所だけで咲いていました。葉緑素を持たない植物です。

WG3_3438

10:00 富士見ベンチです、どこでも満席でした。

WG3_3439

10:40 合戦小屋です、売店ではスイカも売られていて一休み出来る所です。

WG3_3440

合戦小屋を過ぎると大きな樹木が少なくなり、高山植物が増えてきます。ウサギギクです。

WG3_3443

シナノオトギリソウ。

WG3_3446

WG3_3448

WG3_3450

WG3_3451

12:15 約4時間半で燕山荘に着きました。

WG3_3455

山頂ハイクする前のランチタイムです。冷えたビールに温かいウインナーを美味でした。


「アウトドア31文字」

   一杯の ビールに苦労 尽き果てる

      夏のアルプス 歩く山旅


       





ギャラリー
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
  • クラブ撮影会2022.8
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ